古語:

しろかねもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しろかねもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しろかねも…

分類和歌


「銀も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも」


出典万葉集 八〇三・山上憶良(やまのうへのおくら)


[訳] 銀も金も玉も、どうしてすぐれた宝である子供に及ぼうか、決して及びはしない。


鑑賞

「子らを思ふ歌」の題で作られた長歌「瓜(うり)食(は)めば子ども思ほゆ栗(くり)食めばましてしぬはゆいづくより来(きた)りしものそまなかひにもとなかかりて安眠(やすい)し寝(な)さぬ」〈⇒うりはめば…。〉の反歌であり、子を思う親心を表す歌として最も古い代表的な歌である。









しろかねものページへのリンク
「しろかねも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しろかねものお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しろかねものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS