古語:

ではの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

で-は

分類連語


…では。


出典平家物語 九・宇治川先陣


「この御気色(ごきそく)では、それも詮(せん)なし」


[訳] こんなお気持ちでは、それ(=忠義立て)も無益だ。


なりたち

格助詞「で」+係助詞「は」



で-は

分類連語


〔多く下に打消の語や、否定的な意味の表現を伴って〕


…なくては。…ずには。


出典竹取物語 仏の御石の鉢


「この女見では、世にあるまじき心地(ここち)のしければ」


[訳] (石作りの皇子は)この女(=かぐや姫)と結婚しないでは、この世に生きていられそうもない気持ちがしたので。


〔「体言」+「なら」+「では」の形で〕…以外には。


出典徒然草 一一


「懸け樋(ひ)の雫(しづく)ならでは、つゆおとなふものなし」


[訳] 懸け樋の雫以外には、まったく音を立てるものがなく、訪れる人もいない。


なりたち

打消の接続助詞「で」+係助詞「は」



出羽

分類地名


旧国名。東山道八か国の一つ。今の山形県と秋田県にまたがる。古くは越後(えちご)の一部であったが、和銅五年(七一二)に分かれて一国となり、下って明治一年(一八六八)には、さらに羽前(うぜん)(山形県)と羽後(うご)(秋田県)の二国に分割された。羽州(うしゆう)。









ではのページへのリンク
「では」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ではのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ではのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS