古語:

ですの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

です

助動詞特殊型

《接続》体言や体言相当の語句に付く。


活用{でせ/でし/です/○/○/○}


〔断定〕…であります。▽相手への敬意をこめる。


出典入間川 狂言


「東国に隠れもない大名です」


[訳] 東国では知らぬ者のない大名であります。


語の歴史

室町時代に用例が見え始めるが、江戸語においては主に遊里の女性の言葉であって、一般に広まったのは、江戸に集まった地方出の武士たちがまねて使ったことによるという。明治時代以後、丁寧語として用いられるようになった。









ですのページへのリンク
「です」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ですのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ですのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS