古語:

ともかくもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ともかくもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とも-かくも

副詞

どのようにでも。なんとでも。とにかく。


〔下に打消の語を伴って〕どちらとも。どうとも。なんとも。


出典源氏物語 桐壺


「ともかくもあしらへ聞こえ給(たま)はず」


[訳] どちらともお返事申し上げなさらない。◆副詞「と」、係助詞「も」、副詞「かく」、係助詞「も」が連なって一語化したもの。「ともかうも」とも。



ともかくも…

分類俳句


「ともかくもあなたまかせの年の暮れ」


出典おらが春 俳文・一茶(いつさ)


[訳] この一年、さまざまのことがあったが、いずれにしても今となっては阿弥陀(あみだ)様にすべてをお任せして、年の暮れを送ることだ。


鑑賞

『おらが春』巻末の句。文政二年(一八一九)十二月二十九日の作。『おらが春』巻頭に「…ことしの春もあなた任せになんむかへける」として「目出度(めでた)さもちう位なりおらが春」〈⇒めでたさも…。〉とあるのと照応する。この一年、あなた任せに始まり、あなた任せで終わるのである。季語は「年の暮れ」で、季は冬。









ともかくものページへのリンク
「ともかくも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ともかくものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ともかくものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS