古語:

ともしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ともし

名詞

(一)

【灯し】ともし火。灯火。明かり。


(二)

【照射】夏の夜の山中で、狩人が鹿(しか)をおびき出すために篝火(かがりび)をたいたり、松明(たいまつ)をともしたりすること。また、その火。



とも・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(一)

【羨し】


慕わしい。心引かれる。


出典万葉集 三五二三


「ともしき君は明日さへもがも」


[訳] 慕わしいあなたは明日も来てほしい。


うらやましい。


出典万葉集 五五


「亦打山(まつちやま)行(ゆ)き来(く)と見らむ紀人(きひと)ともしも」


[訳] 亦打山を行き来するごとに見ているであろう紀伊(きい)の人がうらやましいことよ。


(二)

【乏し】


少ない。不足だ。


出典方丈記 


「薪(たきぎ)さへともしくなりゆけば」


[訳] 薪までもが少なくなってゆくので。


貧しい。


出典徒然草 一四一


「ともしく叶(かな)はぬ人のみあれば、おのづから、本意(ほい)通らぬこと多かるべし」


[訳] 貧しく、望みがかなわない人ばかりなので、自然、思いどおりにならないことが多いにちがいない。









ともしのページへのリンク
「ともし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ともしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ともしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS