古語:

はるけしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はる-け・し 【遥けし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(空間的に)はるかだ。遠い。


出典源氏物語 賢木


「はるけき野辺を分け入(い)り給(たま)ふよりいとものあはれなり」


[訳] (嵯峨野(さがの)の)はるか遠い野のあたりを(源氏が草を)分けてお入りになるやいなや、とてももの寂しい。


(時間的に)遠い。久しい。ずっと先だ。


出典古今集 物名


「人目ゆゑ後に会ふ日のはるけくは」


[訳] 人目がはばかられるので、この次に会う日がずっと先になったら。


(心理的に)隔たっている。


出典古今集 恋五


「思はぬ仲ぞはるけかりける」


[訳] 互いに思っていない男女の仲は心が隔たっているものだったなあ。








はるけしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

はるけしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




はるけしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS