古語:

ひとかひぶねはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ひとかひぶねはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひとかひぶねは…

分類歌謡


「人買ひ舟は沖を漕(こ)ぐとても売らるる身をただ静かに漕げよ船頭殿」


出典閑吟集 


[訳] 人買い舟は沖を漕いでいる。いずれにしても売られていく身なのだから、せめて静かに漕いでおくれ、船頭さん。


鑑賞

売られていく者の立場に立って、つらい運命にあらがうことのできないあきらめの気持ちを詠んだ歌。「人買ひ舟」は、人買いが買った女や子供を乗せた舟。「とても」は「とてもかくても」の略で、どうせの意。「るる」は受身の助動詞「る」の連体形。









ひとかひぶねはのページへのリンク
「ひとかひぶねは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ひとかひぶねはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ひとかひぶねはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS