古語:

ひとしれぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ひとしれぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひとしれぬ…

分類和歌


「人しれぬわが通(かよ)ひ路(ぢ)の関守はよひよひごとにうちも寝(ね)ななむ」


出典古今集 恋三・在原業平(ありはらのなりひら)・伊勢物語五


[訳] 人に知られない自分だけの通り道としている、あの道の番人は、毎晩毎晩ちょっとでも眠ってほしいなあ。


鑑賞

男がある女性と親しくなって通っていたが、公然の仲ではなかったので門から入ることができなくて、築地(ついじ)の崩れた所から通っていたところ、それが度重なったので、家の主人が聞きつけて、その通り道に毎晩人をひそませて見張らせたので、会えずに帰って来て、詠んで贈った歌という。









ひとしれぬのページへのリンク
「ひとしれぬ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ひとしれぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ひとしれぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS