古語:

ひとつやにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ひとつやにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひとつやに…

分類俳句


「一つ家に遊女(いうぢよ)も寝たり萩(はぎ)と月」


出典奥の細道 市振・芭蕉(ばせう)


[訳] 同じ宿に、たまたま遊女と泊まり合わせて寝たことだ。世俗を離れた修行僧のような自分となまめかしい遊女とは対照的な存在で、ちょうど庭にたおやかに咲いている萩と澄んだ光を放っている月のようだ。


鑑賞

萩に遊女、月に自分を象徴させ、一見無関係に思われるものの取り合わせに妙味を感じた句。季語は「萩・月」で、季は秋。









ひとつやにのページへのリンク
「ひとつやに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ひとつやにのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ひとつやにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS