古語:

ひともをしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ひともをしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひともをし…

分類和歌


出典百人一首 


「人もをし人も恨(うら)めしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は」


出典続後撰集 雑中・後鳥羽院(ごとばゐん)


[訳] (ある時には)人をいとおしく思い、(またある時には)人を恨めしく思う。おもしろくないとこの世を思うがゆえに、さまざまに思い悩む私は。


鑑賞

為政者の、思うにまかせない心境を吐露した歌。鎌倉時代初期の公武の対立・抗争の時代を背景として鑑賞するべき歌で、「物思ふ」は恋に悩むのではない。









ひともをしのページへのリンク
「ひともをし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ひともをしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ひともをしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS