古語:

世に旧るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-に-ふ・る 【世に旧る】

分類連語


世間で珍しくなくなる。周知のこととなる。


出典源氏物語 朝顔


「ひととせ、中宮の御前に、雪の山つくられたりし、よにふりたる事なれど」


[訳] 先年、中宮の御殿の前庭に雪の山を作られたことは世間では珍しくなくなったことだけれど。


以前に結婚したことがある。


出典源氏物語 蜻蛉


「あやしき女、よにふりたるなどを、持ち居るたぐひ多かり」


[訳] 身分の低い女や以前に結婚したことのあった女などを妻にしているような人々が多い。


なりたち

名詞「よ」+格助詞「に」+動詞「ふる」








世に旧るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世に旧るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世に旧るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS