古語:

加持の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

か-ぢ 【加持】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

真言密教で行う呪法(じゆほう)。手で印(いん)を結び、口に真言をとなえ、心に仏・菩薩(ぼさつ)を思い浮かべて、仏・菩薩と一体になること。


転じて、願い事の成就や病気平癒など、現世利益(げんぜりやく)のために、の作法によって仏の法力による加護を祈ること。◆仏教語。



かじ 【楫・梶・加持・鍛冶】

⇒かぢ









加持のページへのリンク
「加持」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

加持のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




加持のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS