古語:

参らすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まゐら・す 【参らす】

[一]他動詞サ行下二段活用

{語幹〈まゐら〉}献上する。差し上げる。奉る。▽「与ふ」「やる」の謙譲語。


出典竹取物語 ふじの山


「薬の壺(つぼ)に御文(おほんふみ)そへてまゐらす」


[訳] 薬の壺に(かぐや姫の)お手紙を添えて(帝(みかど)に)献上する。


[二]補助動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


〔動詞の連用形に付いて〕お…申し上げる。お…する。▽謙譲の意を添える。


出典平家物語 九・敦盛最期


「たすけまゐらせんとは存じ候(さうら)へども」


[訳] お助け申し上げようとは存じますが。


語の歴史

中古中期ごろから用例が見られる。当時は同意・同用法の「奉る」「聞こゆ」「申す」がおもで「参らす」がよく用いられるようになるのは中古の末期ごろからである。中世以降にも多用されるが、やがて「まらする」「まっする」に変化し、現代語の丁寧語の助動詞「ます」になる。



まゐら-・す 【参らす】

分類連語


(一)

〔「す」が使役の意の場合〕


参上させる。参内(さんだい)させる。


出典源氏物語 桐壺


「急ぎまゐらせて御覧ずるに」


[訳] (帝(みかど)は、若宮を)急いで参内させてご覧になると。


差し上げさせる。奉仕させる。


出典源氏物語 柏木


「待ちいで給(たま)ひて、加持(かぢ)まゐらせむとし給ふ」


[訳] (祈禱(きとう)師を)お待ちになって、加持をして差し上げさせようとなさる。


(二)

〔「す」が尊敬の意の場合、下に「給ふ」を伴って〕参上あそばされる。⇒まゐらせたまふ


注意

同じでき方だが、一語化した動詞「参らす」と混同しないこと。使役・尊敬の意味が生きている場合には、この連語か、または連語「参らせ給ふ」。


なりたち

動詞「まゐる」の未然形+助動詞「す」









参らすのページへのリンク
「参らす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

参らすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




参らすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS