古語:

宿世の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゅく-せ 【宿世】

名詞

「すくせ」に同じ。



すく-せ 【宿世】

名詞

前世。先の世。


出典更級日記 子忍びの森


「我も人もすくせのつたなかりければ」


[訳] 私も(娘の)おまえも前世の因縁で運が悪かったので。


宿命。前世の因縁。


出典伊勢物語 六五


「かかる君に仕うまつらで、すくせつたなく悲しきこと」


[訳] このようなご主君にお仕え申し上げないで、前世の因縁が悪く悲しいこと。◆「しゅくせ」とも。仏教語。


参考

平安時代には、人の力で変えられない現実を、仏教的世界観によって前世の行いによる結果ととらえた。









宿世のページへのリンク
「宿世」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宿世のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




宿世のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS