古語:

悪の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あく 【悪】

名詞

道徳・正義・良心などにそむくこと。悪いこと。


出典徒然草 九一


「吉日(きちにち)にあくをなすに必ず凶なり」


[訳] 吉日に悪いことを行うと、(結果は)必ず凶となる。[反対語] 善。



あく- 【悪】

接頭語

人名などに付いて荒々しくたけだけしいの意を表す。賞賛の気持ちでいう。「悪七兵衛(あくしちびやうゑ)景清(かげきよ)」









悪のページへのリンク
「悪」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

悪のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




悪のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS