古語:

情けの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なさけ 【情け】

名詞

情愛。思いやり。


出典徒然草 五九


「そのとき、老いたる親、いときなき子、君の恩、人のなさけ捨て難しとて捨てざらんや」


[訳] その(死がやってきた)ときに、年老いた親、幼い子、主君の恩、人の情愛を、捨てかねるからといって捨てないでいられようか、捨てないではいられない。


愛情。恋情。男女間の異性を思う心。


出典徒然草 一三七


「男女(をとこをんな)のなさけも、ひとへに逢ひ見るをば言ふものかは」


[訳] 男女間の恋情も、いちずに会っている(最中だけ)をいうものだろうか、いや、そうではない。


みやび心。風流心。情趣・風流を解する心。


出典源氏物語 行幸


「上(うへ)はその中(うち)になさけ棄すてずおはしませば」


[訳] 主上は心の中に風流心をお忘れにならずにいらっしゃる(方である)から。


情趣。風情。趣。


出典徒然草 一三七


「垂れこめて春の行方知らぬも、なほあはれになさけ深し」


[訳] すだれを垂らして(部屋の中に)とじこもって、春の過ぎて行くのを知らないでいるのも、やはりしみじみとして、情趣が深い。









情けのページへのリンク
「情け」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

情けのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




情けのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS