古語:

惑ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まど・ふ 【惑ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


乱れる。思い悩む。迷う。途方に暮れる。


出典徒然草 五三


「酒宴ことさめて、いかがはせむとまどひけり」


[訳] 酒宴は興ざめになって、どうしようかと途方に暮れた。


うろたえる。悲しみもだえる。あわてふためく。


出典竹取物語 ふじの山


「血の涙を流してまどへど、かひなし」


[訳] 深く悲しんで血が出るほどの涙を流して悲しみもだえるが、どうしようもない。


さまよう。迷い歩く。


出典伊勢物語 九


「道知れる人もなくて、まどひ行きけり」


[訳] 道を知っている人もいなくて、まよいながら行った。


[二]補助動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


〔動詞の連用形に付いて〕ひどく…する。たいへん…する。


出典今昔物語集 二八・四二


「『物取らむとて入りにけるとぞ』と思ひければ、あわてまどひて」


[訳] 「物を盗もうとして入ってきたな」と思ったので、ひどくあわてて。









惑ふのページへのリンク
「惑ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

惑ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




惑ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS