古語:

打ち湿るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-しめ・る 【打ち湿る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


水気を帯びてしっとりする。湿る。


出典源氏物語 宿木


「露にうちしめりたまへるかをり」


[訳] (庭の草の)露に湿りなさった(薫(かおる)のお召し物の)薫りが。


物静かになる。しっとりと落ち着く。しんみりする。


出典源氏物語 蛍


「うちしめりたる宮の御けはひも、いと艶(えん)なり」


[訳] しっとりと落ち着いた(兵部卿(ひようぶきよう)の)宮のごようすも、まことに優美である。


物思いに沈む。ふさぎ込む。


出典源氏物語 柏木


「うちしめり、面瘦(おもや)せたまへらん御さまの」


[訳] 物思いに沈み、顔がおやせになっていらっしゃるだろうと思われるごようすが。◆「うち」は接頭語。








打ち湿るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち湿るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち湿るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS