古語:

打ち為の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-・す 【打ち為】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


ちょっとある。(時雨(しぐれ)などが)さっと降る。


出典蜻蛉日記 中


「風いと寒く、時雨うちしつつ」


[訳] 風がとても寒く、しぐれが何度もさっと降って。◆「うち」は接頭語。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


ちょっとする。行う。


出典枕草子 すさまじきもの


「あくびおのれうちして、よりふしぬる」


[訳] あくびを自分からちょっとして、物によりかかって横になってしまったの。◆「うち」は接頭語。








打ち為のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち為のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




打ち為のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS