古語:

畏の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かしこ 【畏・恐】

形容詞語幹

⇒かしこし。


「あなかしこ」に同じ。


りっぱなこと。


出典源氏物語 葵


「『かしこの御手や』と」


[訳] 「りっぱなご筆跡だなあ」と(言って)。


手紙の末尾に用いて、相手に敬意を表す語。古くは男女が共に用いたが、後にはもっぱら女性が用いる。「かしく」とも。









畏のページへのリンク
「畏」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

畏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




畏のページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS