古語:

輝くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かかや・く 【輝く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


まぶしいほど光る。光るように、目立って美しく見える。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「水葱(なぎ)の花いときはやかにかかやきて」


[訳] 水葱の花(の形の輿(こし)の飾り)がたいそうきわだってまぶしいほど光って。


(恥ずかしくて)顔がほてる。恥ずかしがる。


出典源氏物語 竹河


「蔵人(くらうど)の少将の、月の光にかかやきたりし気色(けしき)も」


[訳] 蔵人(くろうど)の少将が、月光の下で恥ずかしそうにしていたようすも。


[二]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


恥ずかしい思いをさせる。


出典枕草子 里にまかでたるに


「昼も夜も来る人を、なにしにかは、『なし』ともかかやき帰さむ」


[訳] 昼も夜も来る人を、何の必要があって「不在だ」などと言って恥ずかしい思いをさせて帰せようか(いや帰せない)。


注意

[一][二]は現代語「かがやく」にはない意味。


参考

近世中期以降は「かがやく」とも。









輝くのページへのリンク
「輝く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

輝くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




輝くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS