古語:

離れ離れなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 離れ離れなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かれ-がれ・なり 【離れ離れなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


(人の行き来や歌・手紙のやりとりが)途絶えがちだ。(男女の間柄が)疎遠になっている。


出典源氏物語 帚木


「かれがれにのみ見せ侍(はべ)るほどに」


[訳] ただもう途絶えがちに(姿を)見せておりますうちに。


参考

和歌では「枯れ枯れなり」とかけて用いることが多い。








離れ離れなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

離れ離れなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




離れ離れなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS