古語:

騒しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わわ・し 【騒し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


騒がしい。やかましい。


出典増鏡 秋のみ山


「行列を争ひて、随身(ずいじん)もわわしくののしれば」


[訳] (左大将と右大将が)行列(の順番)を争って、お供の者も騒がしく大声をあげるので。


口うるさい。口やかましい。


出典引括り 狂言


「あのおかみ様は…殊の外わわしうござる程に」


[訳] あの奥様は…格別に口うるそうございますので。◇「わわしう」はウ音便。









騒しのページへのリンク
「騒し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

騒しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




騒しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS