古語:

あさましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あさま・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


驚くばかりだ。意外だ。


出典十訓抄 三


「思はずにあさましくて、『こはいかに、かかるやうやはある』とばかり言ひて」


[訳] 思いがけず驚くばかりで、「これはどうしたことか、こんなことがあるだろうか、いや、あるはずがない」とだけ言って。


情けない。興ざめだ。


出典枕草子 ふと心おとりとかするものは


「わがもてつけたるをつつみなく言ひたるは、あさましきわざなり」


[訳] 自分が使い慣れている言葉を遠慮なく言うのは、情けないものである。


あきれるほどひどい。


出典方丈記 


「二年が間、世の中飢渇(けかつ)して、あさましきこと侍(はべ)りき」


[訳] 二年の間、世の中は食糧が欠乏して、あきれるほどひどいことがございました。


見苦しい。みっともない。


出典徒然草 一五二


「むく犬の、あさましく老いさらぼひて、毛はげたるを引かせて」


[訳] むく犬で、みっともなく年老いてよぼよぼになって、毛が抜け落ちているのを(従者に)引かせて。


参考

現代語の「あさましい」のもとになる語。現代語では悪い意味にしか使わないが、古語では良い意味にも悪い意味にも驚きあきれたときに使う。









あさましのページへのリンク
「あさまし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あさましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あさましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS