古語:

いの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

終助詞

《接続》種々の語に付く。〔念押し〕…よ。


出典末広がり 狂言


「習うて成ることならば教へてくだされい」


[訳] 習って(たやすく)できることなら教えてくださいよ。◆室町時代以降の語。



間投助詞

《接続》体言や活用語の連体形に付く。〔強調〕…こそ。とくにその。


出典万葉集 一八五一


「春風に乱れぬい間(ま)に」


[訳] 春風に乱れてしまわないその間に。◆上代語。


参考

主語の下に付く「い」を格助詞、副助詞「し」・係助詞「は」の上に付く「い」を副助詞とする説がある。



い-

接頭語

動詞に付いて、意味を強める。「い隠る」「い通ふ」「い行く」。◆上代語。



い 【井・亥・居・率・猪】

⇒ゐ



い 【寝・睡】

名詞

眠ること。睡眠。


出典更級日記 かどで


「恐ろしくていも寝(ね)られず」


[訳] 恐ろしくて、眠ることもできない。


参考

単独では用いられず、「朝寝(あさい)」「熟寝(うまい)」「安寝(やすい)」などの複合語を作るか、助詞「を」「も」などを伴って動詞「寝(ぬ)」と共に「いを寝(ぬ)」「いも寝(ぬ)」として用いられる。後者は打消の語を伴うのが普通。



い- 【斎】

接頭語

〔神事に関する名詞に付いて〕神聖な。清浄な。▽不浄を清める意を表す。「い垣」



い 【異】

名詞

普通と違うこと。不思議なこと。


四相(=万物が変化していく四種の相)の一つ。物事が変化していくこと。◇仏教語。



い 【網】

名詞

くもの糸。また、その巣。









いのページへのリンク
「い」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2014 Printed in Japan

©2014 Weblio RSS