古語:

おほかたはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほかたはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほかたは…

分類和歌


「おほかたは月をもめでじこれぞこの積もれば人の老いとなるもの」


出典古今集 雑上・在原業平(ありはらのなりひら)・伊勢物語八八


[訳] 通り一ぺんに月を愛でるようなことはしないでおこう。これがまあ、積もり積もれば人の老いとなっていくものだから。


鑑賞

天体の「月」に歳月の「月」を掛けて、一般的には月を讃(たた)えるものだが、月(時間)が積もり積もると人は年老いていくので、深い考えもなしに月を賞賛することはできないと諧謔(かいぎやく)的に表現した歌。『伊勢物語』では、非常に若いとは言えない者たちが集まって、月を見ていた中の一人が詠んだという説明がある。やがて来る老いを月に見るという発想が、一同の者たちを感心させたのであろう。



おほかた-は 【大方は】

副詞

ひととおりのことなら。普通のことなら。たいていは。


出典万葉集 二九一八


「おほかたは何かも恋ひむ」


[訳] ひととおりのことならなんで恋しく思うであろう。


そもそも。概して。


出典古今集 哀傷


「おほかたはうつせみの世ぞ夢にはありける」


[訳] そもそもこの世は夢であったのだ。









おほかたはのページへのリンク
「おほかたは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほかたはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほかたはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS