古語:

こがらしのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > こがらしのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こがらしの…

分類俳句


「凩の果てはありけり海の音」


出典新撰都曲 俳諧・言水(ごんすい)


[訳] 冬になって野山の木々の葉を吹き散らすこがらしは、どこまでも絶え間なく吹き続けているようだが、やがて冬の荒れた海に出ると、激しい波の音の中に消えていく。これこそがこがらしの行き着く果てだったのだ。


鑑賞

冬の荒々しい自然を、こがらしと海の音の照応でとらえた句。この句が有名になり、「こがらしの言水」と呼ばれた。季語は「凩」で、季は冬。









こがらしののページへのリンク
「こがらしの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こがらしののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




こがらしののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS