古語:

尊しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たっと・し 【尊し・貴し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


「たふとし」に同じ。


出典平家物語 二・徳大寺之沙汰


「さしもたっとき霊仏・霊社のいくらもまします」


[訳] あんなにも貴い霊験あらたかな仏・霊験あらたかな神社がいくらでもおありになる。◆「たふとし」の促音便。



たふと・し 【尊し・貴し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


けだかい。高貴だ。尊い。「たっとし」とも。


出典徒然草 五二


「聞きしにも過ぎて、たふとくこそおはしけれ」


[訳] 聞いていたのにもまさって、けだかくいらっしゃいました。


価値が高い。すぐれている。貴い。


出典万葉集 三四二


「極まりてたふときものは酒にしあるらし」


[訳] この上なく価値が高いものは酒であるらしい。



とうとし 【尊し・貴し】

⇒たふとし









尊しのページへのリンク
「尊し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尊しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




尊しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS