古語:

然もこその意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さも-こそ 【然もこそ】

分類連語


〔「こそ」の結びで文の意味が終わる場合〕いかにもそうで(ある)。さすがにそうで(あろう)。


出典源氏物語 蜻蛉


「女は、さもこそ負けたてまつらめ」


[訳] 女はさすがに負け申し上げるのであろう。


〔「こそ」の結びで文の意味が終わらず、逆接的に後文に続く場合〕いかにもそうで(あるけれど)。さぞかしそうで(あろうが)。


出典古今集 恋三


「うつつにはさもこそあらめ夢にさへ人目をもると見るがわびしさ」


[訳] 現実にはさぞかしそうで(=人目が気になって会えないで)あろうが、夢の中でまで人目をはばかっていると見るのがつらいことだ。


なりたち

副詞「さも」+係助詞「こそ」








然もこそのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然もこそのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然もこそのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS