古語:

あらはなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あらはなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あらは・なり 【露なり・顕なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


まる見えだ。むき出しだ。


出典源氏物語 若紫


「少し立ちいでつつ見渡し給(たま)へば、高き所にて、ここかしこ、僧坊どもあらはに見下ろさるる」


[訳] 少し外へ出ていって、あたりを見わたしなさると、高い場所なので、あちこちにある、僧の住居がまる見えに見下ろされる。


あけっぴろげだ。おおっぴらだ。無遠慮だ。慎みがない。


出典枕草子 御前にて人々とも


「あれは誰(た)そ。あらはなり」


[訳] あれはだれだ。慎みがない。


明白だ。はっきりしている。


出典平家物語 六・祇園女御


「運命の末になることあらはなりしかば」


[訳] 運命が終わりになることがはっきりしていたので。









あらはなりのページへのリンク
「あらはなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あらはなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あらはなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS