古語:

ありあけのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ありあけのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ありあけの…

分類和歌


出典百人一首 


「有り明けのつれなく見えし別れより暁(あかつき)ばかり憂(う)きものはなし」


出典古今集 恋三・壬生忠岑(みぶのただみね)


[訳] 明け方のそっけない月のように、あなたが薄情に見えたあの別れ以来、夜明け前ほど、つらく情けないものはない。


鑑賞

まだ暗い「暁(あかつき)」は、平安時代の結婚生活においては、女の家に通って来た男が、女と別れて帰らなければならない時とされていた。









ありあけののページへのリンク
「ありあけの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ありあけののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




ありあけののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS