古語:

有り明けの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あり-あけ 【有り明け】

名詞

まだ月が空に残っているうちに夜が明けること。そのころの夜明け。▽陰暦で十六日以後、特に二十日過ぎについていうことが多い。


出典新古今集 冬


「志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍(こほ)りて出(い)づるありあけの月」


[訳] ⇒しがのうらや…。


夜が明けてもまだ空に残っている月。[季語] 秋。


出典古今集 恋三


「ありあけのつれなく見えし別れより暁(あかつき)ばかり憂(う)きものはなし」


[訳] ⇒ありあけの…。


「有り明け行灯(あんど)」の略。


参考

月が空に残ったまま夜が明けることをいうが、特に二十日余りの月が代表的で、男女の朝の別れの情景に取り上げられることが多い。









有り明けのページへのリンク
「有り明け」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

有り明けのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




有り明けのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS