古語:

こころのほかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > こころのほかの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-の-ほか 【心の外】

分類連語


思いどおりにならないこと。ままならないこと。思いがけないこと。意外なこと。


出典源氏物語 総角


「げに長らへば、こころのほかに、かくあるまじき事も見るべきわざにこそは」


[訳] なるほど生き長らえていると、思いがけないことに、このようなあるまじき事も見なければならないことだよ。


気にかけないこと。無関心なこと。


出典新古今集 恋四


「今はただこころのほかに聞くものを」


[訳] 今はひたすら心にとめないで聞いているのに。









こころのほかのページへのリンク
「こころのほか」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

こころのほかのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




こころのほかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS