古語:

せっくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せっ-く 【節句・節供】

名詞

人日(じんじつ)(=正月七日)・上巳(じようし)(=三月三日)・端午(たんご)(=五月五日)・七夕(たなばた)(=七月七日)・重陽(ちようよう)(=九月九日)の各式日。これらは「五節句(ごせつく)」と呼ばれ、特別の行事を行ったり、特別の食べ物を食べたりして祝う。


「節日(せちにち)」に供する膳(ぜん)。正月七日の七種粥(ななくさがゆ)、三月三日の草餠(くさもち)、五月五日の粽(ちまき)の類。◆「せく」「せちく」とも。









せっくのページへのリンク
「せっく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

せっくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




せっくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS