古語:

そちの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ-ち 【其方】

代名詞

そちら。そっち。▽中称の指示代名詞。相手のいる方向をさし示す語。


出典万葉集 一九九


「霰(あられ)なすそちより来れば」


[訳] 霰のようにそちらから来るので。


なんじ。おまえ。▽対称の人称代名詞。目下の相手に用いる。


出典止動方角 狂言


「そちは大儀ながら、伯父ぢゃ人の方へいて」


[訳] おまえは面倒であろうが、伯父さんのところへ行って。◇中世以降の用法。



そち 【帥】

名詞

大宰府(だざいふ)の長官。「そつ」とも。


参考

「帥」は多くは親王が任ぜられるが、実際には大宰府に赴任せず、代理の権帥(ごんのそつ)を遣わした。権帥を欠くとき、大弐(だいに)(=大宰府の次官)が代行するので、大弐をも帥ということがある。









そちのページへのリンク
「そち」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

そちのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




そちのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS