古語:

たいちまいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たいちまいの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たいちまい…

分類俳句


「田一枚植ゑて立ち去る柳かな」


出典奥の細道 殺生石・蘆野・芭蕉(ばせう)


[訳] 西行(さいぎよう)の歌で名高い柳のもとに立ち寄って、しばし西行をしのび感慨にふけっていたが、その間にも目の前の田では、人々がいつの間にか一枚の田を植え終わってしまった。自分も、思わず時を過ごしてしまったと、現実に戻り、柳の陰から立ち去ることである。


鑑賞

「植ゑて」の「て」の前後で主語が替わることに、特に注意したい。この柳は、西行が「道の辺(べ)に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ」(『新古今和歌集』)〈⇒みちのべに…。〉と詠んだ柳。季語は「田植ゑ」で季は夏。








たいちまいのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たいちまいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




たいちまいのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS