古語:

たいだいしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たいだいしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たいだい-・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


不都合だ。もってのほかだ。


出典源氏物語 桐壺


「かく世の中の事をも思ほし捨てたるやうになりゆくは、いと、たいだいしきわざなり」


[訳] (帝(みかど)が)このように世の中の政治についてお考えにならないようになってゆくのは、とても不都合なことである。◆主に男性の会話で使われる。









たいだいしのページへのリンク
「たいだいし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たいだいしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




たいだいしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS