古語:

たいふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たい-ふ

名詞

(一)

【大夫】律令制で、五位以上の者。また、のちに一般に、五位の者。


(二)

【大夫・太夫】


能・狂言・歌舞伎(かぶき)などの芸能で、技能にすぐれた者。また、一座の演技上の統率者。


歌舞伎の、主役の女形役者。


遊女の階級で、最上位の者。


伊勢(いせ)神宮の下級神官である御師(おし)。また、それが営む旅館。


参考

(1)一般に(一)は「たいふ」、(二)は「たゆう」と読む。漢字「大夫」は(一)にも(二)にもあるから、その読みは意味によって区別する。(2)「大夫」を「だいぶ」と読めば別の語。



たい-ふ 【大副】

名詞

「神祇官(じんぎくわん)」の次官の一つ。「少副(せふ)」の上位。



たい-ふ 【大輔】

名詞

「八省(はつしやう)」の次官の一つ。「少輔(せふ)」の上位。「おほすけ」とも。









たいふのページへのリンク
「たいふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たいふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




たいふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS