古語:

つくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つ・く 【搗く・舂く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


杵(きね)をもって、穀物などを押しつぶしたり、殻を除いたりする。


出典万葉集 三四五九


「稲つけばかかる吾(あ)が手を」


[訳] ⇒いねつけば…。



つ・く 【漬く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


水にひたる。水につかる。


出典万葉集 一三八一


「広瀬川袖(そで)つくばかり浅きをや」


[訳] あなたは、私の長い袖が水につかりそうに浅い広瀬川のように薄情なのに。



作り物語

分類文芸


平安時代の物語文学の一つ。客観的な叙事性を持つのを特色とする、創作による架空の物語。『竹取物語』『宇津保(うつほ)物語』『落窪(おちくぼ)物語』『源氏物語』『堤中納言物語』『浜松中納言物語』などがある。同じ時期に現れた「歌物語」に対していう。



つ・く 【吐く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


呼吸をする。(息を)吐く。


出典古事記 応神


「鳰鳥(みほどり)の潜(かづ)き息つき」


[訳] かいつぶり(=鳥の名)が(水中に)潜り(水面に上がって)息を吐き。


(へどを)吐く。排せつする。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「青へどをつきてのたまふ」


[訳] へどを吐いておっしゃる。


(よくないことを)口外する。(うそを)言う。


出典鑓権三 浄瑠・近松


「権三(ごんざ)がうそをつくものか」


[訳] 権三がうそを言うものか。



つ・く 【付く・着く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


くっつく。付着する。接触する。


出典徒然草 二一五


「台所の棚に、小土器(こかはらけ)に味噌(みそ)の少しつきたるを見いでて」


[訳] 台所の棚に、小さな素焼きの皿にみその少しくっついているのを見つけだして。


備わる。身につく。加わる。


出典宇治拾遺 六・四


「取りたる侍(さぶらひ)は、思ひかけぬたよりある妻まうけて、いとよく徳つきて」


[訳] (お参りの証文を)取った侍は、思いがけないよりどころのある妻をもらって、たいそうよく財産が身について。


(物の怪(け)などが)とりつく。のり移る。


出典宇治拾遺 三・六


「あさましきことかな。物のつき給(たま)へるか」


[訳] あきれはてたことだなあ。あやしげなものがのり移り気でもおかしくなられたか。◇多く「憑く」と書く。


(気持ちなどが)生じる。起こる。


出典源氏物語 若紫


「明け暮れの慰めにも見ばやと思ふ心、深うつきぬ」


[訳] 毎日の心の慰めとしてもこの少女を見たいと思う心が、(源氏に)強く起こった。


付いて行く。付き従う。


出典今昔物語集 二五・一二


「『構へて盗まむ』と思ひて、ひそかにつきて上りけるに」


[訳] (馬盗人は)「何とかしてこの馬を盗もう」と思って、そっと付き従って上京したが。


到着する。着く。


出典土佐日記 二・六


「難波(なには)につきて、川尻(かはじり)に入る」


[訳] 難波に着いて、河口に入る。


(座席や地位に)つく。着座する。就任する。


出典古今集 仮名序


「春宮(とうぐう)を互いに譲りて位につき給(たま)はで」


[訳] 皇太子の位を互いに譲り合って位におつきにならないで。


決まる。落ち着く。


出典蜻蛉日記 上


「とにもかくにもつかで、世に経(ふ)る人ありけり」


[訳] ああもこうも、どっちつかずで(態度が)決まらないで月日を送る人がいた。


〔「につき」「につきて」の形で〕…に関して。


出典諸国ばなし 浮世・西鶴


「それにつき、上書(うはが)きに一作あり」


[訳] それに関して、金包みの上書きにひとつ趣向がある。


[二]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


身に備える。身につける。体得する。


出典徒然草 一五〇


「能をつかんとする人」


[訳] 芸能を身につけようとする人は。


(名を)つける。命名する。


出典枕草子 虫は


「人の名につきたる、いとうとまし」


[訳] 人の名に(蠅(はえ)と)つけているのは、たいそういやな感じだ。


[三]他動詞カ行下二段活用

{語幹〈つ〉}


くっつける。付着させる。接触させる。


出典諸国ばなし 浮世・西鶴


「内証より、内儀(ないぎ)声を立て、『小判はこの方へ参った』と重箱のふたにつけて」


[訳] 台所から奥方が声を出して「小判はこちらへ来ていました」と、重箱のふたにくっつけて。


(気持ちを)起こさせる。関心を払う。(心を)向ける。


出典徒然草 二一


「月・花はさらなり、風のみこそ、人に心はつくめれ」


[訳] 月や花は言うまでもないが、風はとりわけ、人に感動の気持ちを起こさせるようだ。


付き従わせる。付き添わせる。


出典大鏡 道隆


「使ひをつけて、たしかにこの島に送り給(たま)へりければ」


[訳] (捕虜に)使者を付き添わせて、確かにこの(壱岐(いき)対馬(つしま)の)島に送りなさったところ。


任せる。委嘱(いしよく)する。託す。


出典伊勢物語 九


「京に、その人の御もとにとて、文(ふみ)書きてつく」


[訳] 都へ、ある人のいらっしゃる所にと思って、手紙を書いて託す。


(地位に)つける。就任させる。即位させる。


出典平家物語 三・大塔建立


「いかにもして皇子(わうじ)御誕生あれかし。位につけ奉り」


[訳] どうにかして皇子がお生まれになってほしい。その皇子を帝位におつけ申し上げて。


(名を)つける。名づける。命名する。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「いま新しきには名をつけて興じたまふ」


[訳] (姫君は)さらに新しいの(=虫)には名前をつけて面白がりなさる。


(和歌・俳諧(はいかい)などで、上の句、または下の句を)詠み加える。つける。


出典枕草子 二月つごもり頃に


「これが本はいかでかつくべからむと思ひわづらひぬ」


[訳] この(句に対する)上の句はどうつけるのがよいだろうかと思い悩む。


対応させる。応じさせる。関連させる。


出典徒然草 一


「程につけつつ、時にあひ、したり顔なるも」


[訳] それぞれの身分や家柄に応じて、時運にあって栄達し、得意顔であるのも。


〔「につけて」の形で〕…に関して。…につけて。


出典徒然草 一八八


「若きほどは、諸事につけて…心にはかけながら」


[訳] 若いうちはいろいろなことに関して…気にはかけながら。



つ・く 【尽く】

自動詞カ行上二段活用

活用{き/き/く/くる/くれ/きよ}


消えてなくなる。果てる。尽きる。


出典徒然草 一三七


「大きなる器(うつはもの)に水を入れて、細き穴をあけたらんに、…やがてつきぬべし」


[訳] 大きな器に水を入れて、小さい穴をあけたとしたら、…間もなく(水は)消えてなくなるにちがいない。


極に達する。極まる。


出典源氏物語 紅葉賀


「今日の試楽(しがく)は、青海波(せいがいは)に事みなつきぬ」


[訳] 今日の試楽は、(源氏の)青海波(の舞)に極まったことだ。



つ・く 【突く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


刺し通す。


出典徒然草 一八三


「人つく牛をば角(つの)を切り」


[訳] 人を刺し通す牛は、角を切り。◇「衝く」とも書く。


強く押す。


出典平家物語 九・越中前司最期


「越中前司が鎧(よろひ)の胸板をばぐっとついて」


[訳] 越中前司の鎧の胸板をぐっと強く押して。◇「衝く」とも書く。


打ち鳴らす。


出典源氏物語 末摘花


「鐘つきて」


[訳] 鐘を打ち鳴らして。◇「撞く」とも書く。


(杖(つえ)を)つく。


出典万葉集 四二〇


「杖つきもつかずも行きて」


[訳] 杖をついても、つかなくても行って。


ぬかずく。拝むために、頭・額などを地面や床に強く押し当てる。


出典更級日記 かどで


「身を捨てて額(ぬか)をつき、祈り申すほどに」


[訳] 身体を地に投げ出して、額(ひたい)を床に押し当て、祈り申し上げていると。



つ・く 【築く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


築(きず)く。土石を突き固めて積み上げる。


出典徒然草 六


「聖徳太子の、御墓(みはか)をかねてつかせ給(たま)ひける時も」


[訳] 聖徳太子が、御墓を生前に築かせなさった時も。









つくのページへのリンク
「つく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS