古語:

つまの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つま 【夫・妻】

名詞

夫。▽妻から夫を呼ぶときに用いる語。第三者が用いることもある。


出典万葉集 一七四二


「ただ独りい渡らす児(こ)は若草の(=枕詞(まくらことば))つまかあるらむ」


[訳] たった一人で川を渡られる児(こ)は夫があるのだろうか。


妻。▽夫から妻を呼ぶときに用いる語。第三者が用いることもある。


出典万葉集 四三二二


「わがつまはいたく恋ひらし飲む水に影(かご)さへ見えて世に忘られず」


[訳] ⇒わがつまは…。


動物のつがいの一方をいう語。


出典万葉集 九二〇


「下辺(しもへ)にはかはづつま呼ぶ」


[訳] 川下では、かじかが相手を呼んでいる。


参考

「つま(端)」から出た語。妻問い婚の時代、女の家の端(つま)に妻屋(つまや)を建てて、夫がそこに通ったことから、「端の人」の意でいったとされる。ふつう、夫婦の間で互いに呼び合う語。中古以降は、の用法で固定した。



つま 【端】

名詞

はし。へり。


出典源氏物語 柏木


「几帳(きちやう)のつまを引き上げ給(たま)へれば」


[訳] 几帳のはしを引き上げなさったので。


軒先。軒端(のきば)。


出典更級日記 梅の立枝


「梅の木の、つま近くて、いと大きなるを」


[訳] 梅の木で、軒先に近くて、たいそう大きなのを。


きっかけ。手がかり。


出典源氏物語 須磨


「なかなか物思ひのつまなるべきを」


[訳] かえって心配のきっかけになるであろうから。









つまのページへのリンク
「つま」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つまのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つまのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS