古語:

てしかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-しか

終助詞

《接続》活用語の連用形に付く。〔自己の願望〕…したらいいなあ。…(し)たいものだ。


出典万葉集 四四三三


「朝なさな上がるひばりになりてしか都に行きてはや帰り来(こ)む」


[訳] 毎朝毎朝あがるひばりになりたいものだ。(そうしたら)都へ行ってすぐに帰ってくるだろうに。◆上代語。完了の助動詞「つ」の連用形に願望の終助詞「しか」が付いて一語化したもの。中古以降「てしが」。









てしかのページへのリンク
「てしか」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てしかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てしかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS