古語:

てはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-は

分類連語


…て(は)。…の状態で(は)。▽「て」の付いた語句を強調する。


出典源氏物語 桐壺


「さりとも、うち捨てては、え行きやらじ」


[訳] いくらなんでも、(私をこの世に)残しては、(あの世に)行けないだろう。


…ので。…たからには。▽順接の確定条件を表す。


出典徒然草 一〇九


「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん」


[訳] これくらい(の高さ)になったからには、飛び降りても降りることができるだろう。


…たら。…なら。▽順接の仮定条件を表す。


出典源氏物語 葵


「朝夕の光失ひては、いかでか世にながらふべからむ」


[訳] 朝夕の光(=光源氏)を失ったら、どうしてこの世に生き長らえることができようか。いや、生き長らえることはできないだろう。


…たかと思うと。…と。▽動作・作用の反復を表す。


出典松風 謡曲


「寄せては返る片男波(かたをなみ)」


[訳] 寄せたかと思うと返る高い波よ。


…(する)と、決まって。…(する)と、いつでも。▽ある条件のもとでは決まってそうなることを表す。


出典徒然草 八三


「月満ちては欠け、物盛りにしては衰ふ」


[訳] 月は満ちると決まって欠け、物は盛りになると決まって衰える。


…てからは。▽ある事実の実現を表す。


出典万葉集 三五九一


「妹(いも)とありし時はあれども別れては衣手(ころもで)寒きものにそありける」


[訳] 妻と一緒にいた時はともかくとしても、別れてからは(ひとり寝る夜は)衣の袖(そで)が寒いものであったよ。


なりたち

接続助詞「て」+係助詞「は」









てはのページへのリンク
「ては」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS