古語:

てふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てふ

分類連語


…という。


出典新古今集 夏


「春過ぎて夏来(き)にけらし白妙(しろたへ)の衣(ころも)干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)」


[訳] ⇒はるすぎてなつきにけらし…。


参考

「とい(言)ふ」の変化したもの。中古に入ってから、和歌に多く用いられる。



てふ 【牒】

名詞

律令制で、主典(さかん)以上の役人が、直属関係にない役所・寺社に送った公文書。後には一般に役所間や役所・寺社間などで取り交わす文書もいう。


文書で通告すること。また、その文書。



てふ 【蝶】

名詞

昆虫の名。ちょう。[季語] 春。


出典早桃 大野林火


「あをあをと空を残しててふ分れ」


[訳] 蝶が二羽、ひとつに絡み合って舞い上がったが、それを見上げる頭上でぱっとふたつに分かれ、青空だけが鮮やかに残った。









てふのページへのリンク
「てふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS