古語:

てもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-も

分類連語


…ても。…の状態でも。


出典源氏物語 桐壺


「朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし」


[訳] (桐壺更衣(きりつぼのこうい)は帝(みかど)のご寵愛(ちようあい)を一身に受けたため)朝晩のお勤めにつけても、他の女御(にようご)や更衣たちの心をひどく動揺させ。


たとえ…ても。…たとしても。▽逆接の仮定条件を表す。


出典徒然草 三〇


「年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど」


[訳] たとえ長い年月が経過しても、(亡くなった人のことを)少しも忘れるわけではないけれども。


…したにもかかわらず。…けれども。▽逆接の確定条件を表す。


出典源氏物語 桐壺


「夜の御殿(おとど)に入らせ給(たま)ひても、まどろませ給ふことかたし」


[訳] (帝は)ご寝所にお入りになるけれども、(桐壺更衣との死別の悲しみで)うとうととなさることもむずかしい。


なりたち

接続助詞「て」+係助詞「も」









てものページへのリンク
「ても」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS