古語:

てやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-や

分類連語


…して…か。


出典徒然草 二三四


「知りたることも、なほさだかにと思ひてや問ふらん」


[訳] 知っていることも、もっとはっきり(知りたい)と思って尋ねているのであろうか。


なりたち

接続助詞「て」+疑問の係助詞「や」



て-や

分類連語


…してくれ。▽他に対する願望を表す。


出典博多小女郎 浄瑠・近松


「駕籠(かご)の衆、早う連れましてやと」


[訳] 駕籠の人たちよ、早くお連れ申しておくれと。


なりたち

接続助詞「て」+間投助詞「や」



て-や

分類連語


…わ。…よ。▽言い聞かせる気持ちを表す。


出典仮名忠臣蔵 浄瑠


「まだその上にたしかなことがあるてや」


[訳] まだその上にたしかな事があるのだよ。◆近世語。


なりたち

終助詞「て」+間投助詞「や」



て-や 【手矢・手箭】

名詞

すぐに射ることができるように矢を手に持つこと。また、その矢。









てやのページへのリンク
「てや」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




てやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS