古語:

てづからの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-づから 【手づから】

副詞

自分の手で。


出典伊勢物語 二三


「今はうちとけて、てづから飯匙(いひがひ)とりて」


[訳] 今は気を許して、自分の手で杓子(しやくし)を持って。


自分自身で。みずから。


出典大鏡 伊尹


「御てづから人ごとに尋ね申させ給(たま)へば」


[訳] ご自身で各人にお尋ね申し上げなられると。◆「づから」は接尾語。









てづからのページへのリンク
「てづから」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てづからのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




てづからのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS