古語:

べかしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

べかし

助動詞シク活用型

《接続》ラ変動詞「あり」の連体形に付く。


活用{○/べかしく/○/べかしき/○/○}


〔当然・義務・適当〕当然(…ある)べきだ。当然(…ある)はずだ。(…する)のがふさわしい。▽「あるべかしく」「あるべかしき」の形で用いる。


出典源氏物語 総角


「大方のあるべかしきことどもは、中納言殿、阿闍梨(あざり)などぞ仕うまつり給(たま)ひける」


[訳] だいたいの当然あるはずのことなどは、中納言殿と阿闍梨などがしてさし上げなさった。◆推量の助動詞「べし」の連用形「べかり」の語幹「べか」を形容詞的に活用させた語。









べかしのページへのリンク
「べかし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

べかしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




べかしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS