古語:

べいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

べい

助動詞特殊型

《接続》基本的には活用語の終止形・連体形に付くが、未然形・連用形に付くこともある。{○/○/べい/べい/○/○}


〔意志〕…う。…よう。


出典雑兵物語 


「足軽衆によく教へべいと思ふ」


[訳] 足軽たちによく教えようと思う。


〔推量〕…だろう。


出典雑兵物語 


「今日は川越しがあるべいぞ」


[訳] 今日は川越しがあるだろうよ。


〔当然〕…するはずだ。


出典浮世床 滑稽


「琉球芋(さつまいも)なら一本十六文づつもしべい」


[訳] さつまいもなら一本十六文ずつもするはずだ。


〔適当・勧誘〕…するがよい。…よう。


出典浮世風呂 滑稽


「明るい所(とこ)で勝負しべい」


[訳] 明るい所で勝負しよう。


語の歴史

室町時代以降の語。「べい」はロドリゲスの『日本文典』にも関東の言葉と説明されているが、江戸時代から現代に至るまで、関東周辺地域の会話語で使われる。



べい

推量の助動詞「べし」の連体形「べき」のイ音便。


出典平家物語 一一・勝浦付大坂越


「あの勢(せい)の中にしかるべい者やある」


[訳] あの敵勢の中に適しているにちがいない者がいるか。









べいのページへのリンク
「べい」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

べいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




べいのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS