古語:

まばゆしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-ばゆ・し 【目映ゆし・眩し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


まぶしい。


出典大鏡 花山


「さやけき影をまばゆく思(おぼ)し召しつるほどに」


[訳] 明るくてすがすがしい月の光をまぶしくお思いになっていたときに。


まぶしいほど美しい。際立ってすばらしい。


出典源氏物語 葵


「いとまばゆきまでねびゆく、人のかたちかな」


[訳] ほんとうに際立ってすばらしいほどに成長していく、(源氏の)姿であることよ。


恥ずかしい。きまりが悪い。


出典枕草子 宮にはじめてまゐりたるころ


「御殿油(おほとなぶら)なれば、髪の筋なども、なかなか昼よりも顕証(けそう)に見えて、まばゆけれど」


[訳] 御殿油なので、髪の毛の筋なども、かえって昼間よりもはっきりと見えて、恥ずかしいが。


目をそむけたくなる。見ていられない。▽あまりに度が過ぎていて見ていられないようす。


出典源氏物語 桐壺


「上達部(かんだちめ)・上人(うへびと)などもあいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり」


[訳] 上達部や殿上人などもみな気に入らなくて目をそむけつつ、とても見ていられないほどの桐壺(きりつぼ)の更衣へのご寵愛(ちようあい)である。









まばゆしのページへのリンク
「まばゆし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

まばゆしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




まばゆしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS