古語:

ものかはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-かは

終助詞

《接続》活用語の連体形に付く。


〔反語〕…だろうか、いやそうではない。


出典徒然草 一三七


「花は盛りに、月は隈(くま)なきをのみ見るものかは」


[訳] 桜の花は満開のときに、月はかげりのない満月のときにだけ見るものであろうか、いや、そうではない。


〔強い感動〕なんと…ではないか。


出典大鏡 道長上


「同じものを中心(なから)には当たるものかは」


[訳] なんと同じ(当たるという)ものでも、(的の)中心に当たるではないか。


参考

形式名詞「もの」に係助詞「かは」が付いて一語化したもの。



もの-かは

分類連語


取り立てて言うほどではない。ものの数ではない。


出典新古今集 恋三


「待つ宵に更けゆく鐘の声聞けば飽(あ)かぬ別れの鳥はものかは」


[訳] ⇒まつよひに…。


なりたち

形式名詞「もの」+係助詞「かは」









ものかはのページへのリンク
「ものかは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ものかはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ものかはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS